読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【書評】相田家のグッドバイ / 森博嗣

Kobo Touchを買ったのを機に、久しぶりに森博嗣の本を読んでみようと思い

探してみたら、今年発売の本があったので買ってみました。

 

相田家のグッドバイ

相田家のグッドバイ

 

森博嗣作品だと今まで、S&Mシリーズしか読んだことがなかったので、

ミステリー以外は初めてでした。

 

作品の内容紹介にはうあります。

 

普通の家庭だったけれど、ちょっと変わった両親。
最後に息子がしたことは破壊か、それとも供養だったのか?

彼の母の第一の特徴は、ものを整理して収納することだった。それくらいのこと、綺麗好き整頓好きなら誰でもする。が、彼女の場合、完全に度を越していた。母は、父と結婚して以来、燃えるゴミ以外のゴミを一度も出したことがない。たとえば瓶、プラスティックの容器、ビニルの袋、空き箱、缶、紐に至るまでけっして捨てない。きちんと分別をし収納した。包装紙はテープを取りアイロンをかけて皺を伸ばし正確に折り畳み、輪ゴム一本でさえ太さ別にそれぞれ仕舞った。空き箱の蓋を開けると少し小さい箱が中に収まっていて、その蓋を取るとさらに小さな箱が幾重にも現われた。円筒形のお茶や海苔の缶も同様。家の至るところにそういったものが高密度で収納されていた。七歳年長の無口な父はときどき「こんなものは捨てれば良い」と言ったが、基本的に妻の収納癖に感心していた。平凡な家庭の、60年に及ぶ、ちょっと変わった秘密と真実とは? 森博嗣の家族小説!

 

 

良くある感動的なお話ではなく、決して悲しい話ではなく論理的に物事を考える家族のお話。

 

主人公の息子の生き方は、森さん本人に重ねているところがあるのかなと感じた。

 

いろいろ感じたところがあったが、1番良かったのが

母親がなくなる前の息子と母の会話で、息子が「お母さんはお父さんに言うべきことがあると思います」といい母が何を言うべきかと尋ねた際に、「ありがとうと言ってあげてはどうか」と答えたシーンで

それについて「自分が死ぬときに、周りのみんなにありがとうと言いたい、きっとそれが理想的な死に方ではないかと考えたことがあった」というのがあった。

 

死ぬときのことなどを真剣に考えたことがなかったから、自分勝手な死に方や誰かに当てつけるための死に方ではなく、こう周りに感謝して死にたいなと思った。

 

 

また、森作品を読んでいきたいと思う。

広告を非表示にする