【書評】佐藤可士和の超整理術 / 佐藤可士和

年末、会社の古本を売るチャリティーで目についたので購入した。(100円)
部屋とか物をシンプルに整理したいと思っていたので、その参考になればと思って読んだが、
それ以上の空間・情報・思考の整理術を、著者の考えと今まで取り組んできた仕事を例に紹介されていた。

 

佐藤可士和の超整理術

佐藤可士和の超整理術

 

読んでいて、気になったフレーズは以下。
p72

果たして、カバンの中身はすべて必要か
“手ぶら”がもたらした、予想外の開放感

 

p84

捨てることは、”とりあえず”との闘いでもある
“とりあえず とっておくことは、整理するうちに入りません。単なる移動でおわってしまうのです。

 

p125

本質を探るということは、一見、物事の奥深くに入り込んでいくようなイメージがあるでしょう。でも実は、どんどん引いて離れていくことだと思うのです。

 

p163

デザインは装飾ではなく、機能を突き詰めたところに生まれる

 

p172

他人事を自分事に出来ると、リアリティが生まれる

 

p210

・空間の整理・・・整理するには、プライオリティをつけることが大切
・情報の整理・・・プライオリティをつけるためには、視点の導入が不可欠
・思考の整理・・・視点を導入するためには、まず思考の情報化を

 

p214

・定期的にアップデートする→モノを増やさないため
・モノの定位置を決め、使用後はすぐに戻す→作業環境をすっきりさせるため
・フレームを決めてフォーマットを統一する→わかりやすく分類するため
情報の整理のポイント
・視点を引いて客観視してみる
・自分の思い込みをまず捨てる
・視点を転換し、多面的に見てみる
思考の整理のポイント
・自分や相手の考えを言語化してみる
・仮説を立てて、恐れず相手にぶつけてみる
・他人事を自分事にして考える

 

まずは持ち物を減らすことをはじめてみた。
確かに使わないのに持ち歩いているものがやけに多い事に気づき
モノが少なく両手が空いている解放感も心地いいと感じた。

 

広告を非表示にする