JBossでWebサービスを作成する

JBoss Web Serviceを使用することで、JAX-WSのWebサービスが簡単に作成出来る。
例として、以下のような簡単なクラスを作成し、helloメソッドをWebサービスとして公開する。

package sample.webservice;
 
import javax.jws.WebMethod;
import javax.jws.WebService;
 
@WebService
public class HelloService {
 
    @WebMethod
    public String hello(String name) {
        return "Hello " + name + "!";
    }
 
}

Webサービスとするクラスに、@WebServiceアノテーション
公開するメソッドに、@WebMethodアノテーションをつけておく。
web.xmlには通常のサーブレットと同様にマッピングを行う。

<servlet>
    <servlet-name>HelloService</servlet-name>
    <servlet-class>sample.webservice.HelloService</servlet-class>
</servlet>
 
<servlet-mapping>
    <servlet-name>HelloService</servlet-name>
    <url-pattern>/services/HelloService</url-pattern>
</servlet-mapping>


ここまでで、準備は完了。
JBossにデプロイを行う。
WSDLにアクセスを行なってみる。

http://localhost:8080/WebSample/services/HelloService?WSDL

以下のようなWSDLが返ってくる。

<definitions name='HelloServiceService' targetNamespace='http://webservice.sample/' xmlns='http://schemas.xmlsoap.org/wsdl/' xmlns:soap='http://schemas.xmlsoap.org/wsdl/soap/' xmlns:tns='http://webservice.sample/' xmlns:xsd='http://www.w3.org/2001/XMLSchema'>
 <types>
  <xs:schema targetNamespace='http://webservice.sample/' version='1.0' xmlns:tns='http://webservice.sample/' xmlns:xs='http://www.w3.org/2001/XMLSchema'>
   <xs:element name='hello' type='tns:hello'/>
   <xs:element name='helloResponse' type='tns:helloResponse'/>
   <xs:complexType name='hello'>
    <xs:sequence>
     <xs:element minOccurs='0' name='arg0' type='xs:string'/>
    </xs:sequence>
   </xs:complexType>
   <xs:complexType name='helloResponse'>
    <xs:sequence>
     <xs:element minOccurs='0' name='return' type='xs:string'/>
    </xs:sequence>
   </xs:complexType>
  </xs:schema>
 </types>
 <message name='HelloService_hello'>
  <part element='tns:hello' name='hello'></part>
 </message>
 <message name='HelloService_helloResponse'>
  <part element='tns:helloResponse' name='helloResponse'></part>
 </message>
 <portType name='HelloService'>
  <operation name='hello' parameterOrder='hello'>
   <input message='tns:HelloService_hello'></input>
   <output message='tns:HelloService_helloResponse'></output>
  </operation>
 </portType>
 <binding name='HelloServiceBinding' type='tns:HelloService'>
  <soap:binding style='document' transport='http://schemas.xmlsoap.org/soap/http'/>
  <operation name='hello'>
   <soap:operation soapAction=''/>
   <input>
    <soap:body use='literal'/>
   </input>
   <output>
    <soap:body use='literal'/>
   </output>
  </operation>
 </binding>
 <service name='HelloServiceService'>
  <port binding='tns:HelloServiceBinding' name='HelloServicePort'>
   <soap:address location='http://localhost:8080/WebSample/services/HelloService'/>
  </port>
 </service>
</definitions>


この例では、自分でアノテーションを設定したが、GUIでも可能である。
メニューから「新規」ー「その他」を選択し、
「JBoss ツール」ー「Simple Web Service」を選択する。

  • Technology: JAX-WS
  • 動的Webプロジェクト: このプロジェクトを選択
  • サービス名: 公開するサービス名
  • Update web.xml: チェック
  • Service implemention: 公開するクラスを選択

この場合、web.xmlまで自動で作成してくれる。
ただし、既存のクラスをそのまま公開されるのではなく
「org.jboss.sample.webservice.HelloService」というクラスが新たに作成される。
メニューで選択した通り、既存のクラスを元にWebサービスを新規に作ったことになる。


Apache Axisを使用したWeb Serviceよりかなりスッキリした感じで作成することが出来た。

広告を非表示にする